メタ レーサー。 【サッカニー】エンドルフィン プロ 徹底レビュー|ともらん

メタレーサーを履いてみた感想|ランニングジャンキー|note

読めば走りたくなるマラソンブログ「ともらん」の管理人。 ただ、ハイパースピードを買う前に、手持ちのスピード練習用シューズ アディゼロジャパン5 をすり切れるまで使おうと思っています。 これならインターバル走でも活躍してくれそうだ。

16
ウェアはいつもと変わらず、ロンTにウィンドブレーカーですが、さすがに手が冷えました。 ヒールカウンターの固定性は他のメーカーの追随を許さないレベル。

メタレーサー 1ヵ月使用レビュー

また、上を目指そうと思えば世界トップクラスまでいける。 仕上がりとしてはナチュラルな反発です。

5
乾いたと路面は1kmあたり6分ペースなので、推進力がどうのこうのというのはわかりませんでした。

メタレーサーで40㎞走をしてみた感覚 【疲労度は?他のシューズとの違いは?】

どちらが楽に走れるか 言うまでもなく、スカイである。

4
接地感とクッション性を両方求めたい人にとって、メタレーサーは最高のチョイスだと言える。

メタレーサー履いてみた✨ 前編

ガイドのイメージ 恐らく縦のアーチと横のアーチをスムーズに移動させる狙いがあるのだと思います。

クッション素材「PWRRUN PB」を覆うように、カラフルなアウトソールがフォア中心に配置されている。

Mペース10K・ASICSメタレーサー購入

しかし、後から発売された。

15
雨が降った後で走ったので地面が濡れていたんですけど、滑る感じはなかったです。 硬すぎでもなく、柔らかすぎでもなく、絶妙なクッション性でとても走りやすい。

【アシックス】カーボン搭載厚底シューズ『メタレーサー』使用感レビュー

エンドルフィン プロのスペック エンドルフィン プロのスペックは以下のとおり。 、も個人的におすすめ• しかし、そこをグッとこらえて家まで抱えて持ち帰った。 個人的にずっと待ち望んでいたので、必ず購入してレビューをさせていただきたいと思います。

スカイを一度履いてしまえば、きっとメタレーサーですら薄底シューズのように感じられてしまうだろう。 とのレビュー記事が人気• ランニングシューズの情勢がまた変わってきて、楽しみが増えてきますね。

【アシックス】メタレーサー|METARACER 徹底レビュー|ともらん

これぞアシックス!履き手の心をくすぐりますね! 2000m〜3000m 1500m付近で後退してからは我慢に次ぐ我慢。 地面にちゃんと接地している感覚を味わいたいならジャパン5もアリかもしれないが、スカイも地面がそんなに遠くないように感じられるため、私はジャパン5からスカイにスムーズに移行していけると予想している。 このレビューを書いている時、一緒の部屋にいたメタスピードスカイがあまりに臭くて頭が痛くなり、思わず窓を開けてベランダに出てもらったぐらいである。

読者さんのシューズ選びの参考になるかと思い、私が過去に履いた経験のあるシューズとそのサイズを以下に記載しておく。

メタレーサー使用感

重さは190g• 青系が多い。

最近の厚底シューズってみんなこんなものなのだろうか? これじゃあもう誰も薄底なんて履かないよなぁ… 反発力 反発力も話にならず、スカイの圧勝である。 このタイムが決してメタレーサーの実力ではないはず(そう信じたい)。

アシックス メタスピードエッジ使用レビュー!そのスペックと特徴とは? | 【シリアスランナー】に送るおすすめのトレーニング・レース・ランニングギア情報

エボライドを受け取った時も商品の軽さに驚いたけど、メタスピードスカイ入りの箱は次元の違う軽さであった。 足の裏をポイントで押していくよりローリング(転がす)するイメージの方がシューズのポテンシャルを引き出せる気がします。 この強烈な2足の中間くらいの重量では明らかに分が悪い印象的です。

13
4分前後の少し早いペースでその機能性を感じることができる。 それは アシックス 「」。