バルセロナ 対 パリ sg。 バルセロナ対パリ・サンジェルマン

注目の対決…バルセロナ対PSGについて知っておきたい7つのこと

バルセロナvsパリ・サンジェルマンの一戦で主審を務めたデニス・アイテキン氏にとって今シーズン最後のチャンピオンズリーグとなる可能性があるとスペイン『マルカ』が報じている。 CLのホームゲームで39試合ぶりの黒星を喫した。

19
「フランス・フットボール誌がそのような表紙をデザインしていることと、我々PSGは何も関係ない。

【FCバルセロナ】スタメン予想!?vsパリSG CL20

勝利まで残り3点。 メッシはアルゼンチン代表として南米選手権に臨むため、最終決断は大会後になるとみられているが、バルセロナ残留が優勢と見られる中、逆転パリSG入りはあるのだろうか。 実際にラポルタ会長も契約延長をオファーしているメッシとの交渉について「順調」としながらも「別のオファーもある」と他クラブからの関心を認めていた。

3
また中盤はMFセルヒオ・ブスケツ、イヴァン・ラキティッチ、アンドレス・イニエスタ、リオネル・メッシがダイヤモンドの形を形成。 すると62分、パリSGが1点を返す。

【DAZN Re

同紙によると、アイテキン氏は今季のチャンピオンズリーグで試合を裁くことができない可能性がある。 CLではお馴染みの審判で、2014年にはレアル・マドリードとアトレティコ・マドリードの決勝で主審を務めた。 フランス勢に対しても、『カンプ・ノウ』では9勝2分け1敗と圧倒的な成績を誇っている。

12
前半18分のFWアンヘル・ディ・マリアのゴールを皮切りに、バルセロナを相手に4ゴールを奪って先勝したのだ。 一方で、中盤には激しい流動性がもたらされた。

あの「大逆転劇」をデータで読み解く! バルサ対パリSG戦のチーム&個人スタッツ(SOCCER DIGEST Web)

これをメッシが豪快に決めて、合計スコアで1点差まで詰め寄った。 試合が動いたのは、26分のことだった。 4年前の大逆転劇もあるため、良いイメージを持って大一番に臨みたいところだ。

1
今大会のグループステージ最終節では、ユヴェントスに0-3で完敗。 ペップについては、「愛する」あるいは「憎む」のいずれかである。

バルセロナ対パリ・サンジェルマン

この時点でバルセロナが次のラウンドに進出するためには、5点差をつけての勝利が求められていた。 彼のことは個人的にもよく分かっているけど、素晴らしい人物だよ」と賛辞を送った。

6
選手交代、デスト(2)がアウト、ミンゲサ(28)がイン 後半26分 後半28分 選手交代、ヴェッラッティ(6)がアウト、ドラクスラー(23)がイン 選手交代、S・ブスケツ(5)がアウト、ピャニッチ(8)がイン 後半33分 選手交代、ペドリ(16)がアウト、トリンコン(17)がイン 後半33分 選手交代、ピケ(3)がアウト、プッチ(12)がイン 後半33分 選手交代、グリーズマン(7)がアウト、ブレイスワイト(9)がイン 後半40分 後半40分 選手交代、キーン(18)がアウト、ペレイラ(15)がイン 後半40分 ゴール!!!エムバペ(7)がゴールを決める。 妄信している、とさえ言えるだろう。

PSG、バルセロナに致命傷を与えてCL準々決勝に近づく…ムバッペ3発などアウェーで4

さらに直後の90分、スアレスがエリア内で倒されてPKを獲得。 ペップの愛称で親しまれるジョゼップ・グアルディオラ監督は、「完璧主義者」だと形容される。

14
揺さぶられたバルセロナとしては成す術がなかった。

バルサがネイマール獲得へパリSGと接触

「奇跡」が必要となったところで、本当にそれを起こした。

3
対戦相手はバルセロナだった。 それに、次の移籍ウィンドウについて、まだはっきりした考えを持っているわけではない」 彼の言葉が真実だとすれば、メッシ獲得は憶測の域を出ておらず、現実的とは言えないのが現状だ。