夜 に 駆ける 歌詞。 YOASOBI 夜に駆ける 歌詞

夜に駆ける

作品名は「夜に溶ける」 夜に駆けるの歌詞の意味・解釈 それでは歌詞の意味と解釈をひもといていきましょう。

14
初めて会った日から 僕の心の全てを奪った どこか儚い空気を纏う君は 寂しい目をしてたんだ 引用元: そして次の歌詞では、小説に出てくる彼氏と彼女の出会いを表現しています。

夜に駆ける

タノトスの誘惑について この曲の歌詞の意味と解釈を理解するためには、まずは小説を読んでみることが一番の近道になります。 つまり、死(心に影を落とす君)とつながり、しっかり向き合って受け入れたからこそ、結果として「生きること」に意味を見いだし明日への希望につながった。

7
主人公が恋をしていたのは「死神」だったのです。

【女性は存在していなかった】YOASOBI「夜に駆ける」歌詞解釈:元となる小説は?

元の小説はタノトスの誘惑 最近YOASOBIを見つけてくださった方がまた増えてきて、とても嬉しいです。 死にたいのはお前だけじゃねんだよ。 小説は3分ほどでサクッと読むことができて、夜に駆けるのMVや曲のもととなる意味や物語が伝わってきます。

13
曲名「夜に駆ける」、そして原作小説の「タナトスの誘惑」の最後の一節にもなっている 「二人今、夜に駆け出していく」で締めくくられ、 夜空を連想する様な深い青に染まり落ちていく二人が描かれています。

「夜に駆ける」の意味が怖い!?歌詞が心中ソング!?YouTube規制のわけ

試聴する KKBOXを起動 夜に駆ける 作詞:Ayase 作曲:Ayase 沈むように溶けてゆくように 二人だけの空が広がる夜に 「さよなら」だけだった その一言で全てが分かった 日が沈み出した空と君の姿 フェンス越しに重なっていた 初めて会った日から 僕の心の全てを奪った どこか儚い空気を纏う君は 寂しい目をしてたんだ いつだってチックタックと 鳴る世界で何度だってさ 触れる心無い言葉 うるさい声に涙が零れそうでも ありきたりな喜びきっと 二人なら見つけられる 騒がしい日々に笑えない君に 思い付く限り眩しい明日を 明けない夜に落ちてゆく前に 僕の手を掴んでほら 忘れてしまいたくて閉じ込めた日々も 抱きしめた温もりで溶かすから 怖くないよいつか日が昇るまで 二人でいよう 君にしか見えない 何かを見つめる君が嫌いだ 見惚れているかのような 恋するような そんな顔が嫌いだ 信じていたいけど信じれないこと そんなのどうしたってきっと これからだっていくつもあって そのたんび怒って泣いていくの それでもきっと いつかはきっと僕らはきっと 分かり合えるさ信じてるよ もう嫌だって疲れたんだって がむしゃらに差し 伸べた僕の手を振り払う君 もう嫌だって疲れたよなんて 本当は僕も言いたいんだ ほらまたチックタックと 鳴る世界で何度だってさ 君の為に用意した言葉 どれも届かない 「終わりにしたい」だなんてさ 釣られて言葉にした時 君は初めて笑った 騒がしい日々に笑えなくなっていた 僕の目に映る君は綺麗だ 明けない夜に溢れた涙も 君の笑顔に溶けていく 変わらない日々に泣いていた僕を 君は優しく終わりへと誘う 沈むように溶けてゆくように 染み付いた霧が晴れる 忘れてしまいたくて閉じ込めた日々に 差し伸べてくれた君の手を取る 涼しい風が空を泳ぐように今 吹き抜けていく 繋いだ手を離さないでよ 二人今、夜に駆け出していく. 原作小説を読んでみるとそこで登場するのが「タナトス」=「死神」になります。

12
MVでは「死」にばかり目を向ける彼女の目を塞いでいる様に見える、主人公が描かれています。

YOASOBI 夜に駆ける 歌詞

予知夢は、見た人に何かを伝えようとしている霊夢に含まれます。 主人公は彼女に心を奪われていたことがわかりますね。 [いつだってチックタック]のあたりはスタッカートが効いた跳ねる感覚だ。

3
そしてラストになります。

YOASOBI 夜に駆ける 歌詞

死への願望 タナトス を抱いた少女と主人公との恋愛を描くようでいて、終盤に思ってもみない展開が用意される。

3
主人公が彼女に釣られて言葉にした「終わりにしたい」を聞いた瞬間に 嬉しそうに笑みを浮かべる彼女のカットが入ります。 まとめ 小説を読むとストレートにこの歌詞の意味がわかりますよね。

YOASOBI 夜に駆ける 歌詞

そして精神分析用語としてもつかわれていて、その意味は「死への誘惑」という意味になるので そのままの言葉にすると、死神の誘惑。

? ありきたりな喜びきっと二人なら見つけられる 何度も繰り返される彼女からの 「自ら命を絶とうとする予告」。 でも、だからこそ時代の気分をリアルに反映するもの多いと言えるし、まさにそれ共有しようと試みたのが、このプロジェクトの重要な部分だったのではと想像する。