マレーバク 大佐。 マレーバク 大佐

マレーバク 大佐

しかし、この案は英航空戦力をそのままにして長途の渡洋接敵ののち上陸することであり、上陸の前日に企図が暴露することは必然と考えられ、輸送船団や護衛艦隊に大きな損失が出ると予想された。 戦史叢書1 マレ-進攻作戦 424頁• 命令に従い、第五師団、第十八師団、近衛師団、軍砲兵隊は準備を行った。 戦史叢書76 大本営陸軍部 大東亜戦争開戦経緯<5> 298頁• 戦史叢書1 マレ-進攻作戦 406頁• 戦史叢書1 マレ-進攻作戦 310頁• 上陸した第一線部隊は英軍の水際陣地に苦戦し、日没までにコタバル飛行場を占領する目標は達せられなかったが、佗美支隊は800名以上の死傷者を出す激戦ののち、8日夜半占領に成功。

8
ペラク河の渡河は、第五師団が海上機動部隊との連携に便利な西方のブランジャ方面、近衛師団主力が東方のクワラカンサル方面と決定した。 1941年11月10日の東京協定でハワイ攻撃を優先すると陸海軍が確認したが、この攻撃要領ではハワイ攻撃は航空部隊が夜間発艦となっており、11月23日に機動部隊が検討の結果から黎明発艦へ変更し、空襲時刻を一時間半遅らせた。

マレーバク 大佐

日本軍はの実施を開戦と同時に行うことを計画していた。

18
道中、両追撃隊と激しい戦闘になったバクリ付近の敵の一部に退却の兆候を認めた西村師団長は19日国司追撃隊に対し、戦線を離脱して海岸道方向に転進し、一部でバトパハを攻撃させ、主力でアエルヒタムに突進するように命じた。 しかし、第25軍の進撃は順調で1月25日ごろにはジョホール水道に到達できると判断され、18日にエンドウに上陸する予定のS作戦は意義を失った。

マレーバク 大佐

戦史叢書1 マレ-進攻作戦 417頁• クワラルンプール攻略 [ ] 第25軍はペラク河の橋梁が破壊されると、そのまま渡河して一気に連邦の首都であるクワラルンプールまで急追することを決し、12月25日夕に軍命令を下した。

南方作戦はハワイ、マレー、フィリピン、香港、グアムに対して先制攻撃をもって開始されるが、海軍は期待をかけたハワイ空襲に奇襲が必要とし、陸軍は長途の危険な渡洋作戦からマレー作戦に奇襲が必要とした。 そのため、コタバル再揚陸は生き残りの2隻の輸送船に対して、軽巡1、駆逐艦10、掃海艇2、駆潜艇1、計14隻が護衛することになった。

マレーバク 大佐

戦史叢書76 大本営陸軍部 大東亜戦争開戦経緯<5> 297-298頁• 9日午後3時15分、(艦長)が艦影二を発見、英艦隊発見の第一報を打電した。

10
左右の作戦は並行して行われるが、どちらを先攻させるか、あるいは両方同時に攻める二本建てかが問題であった。

マレーバク 大佐

7日午後9時頃、タウ島の東30海里でバンドン、チュンポン船団は両方面に分離し、「香椎」はバンドンの輸送船「山浦丸」を護衛した。 東南アジアにおける最大の植民地であるマレー半島およびアヘン貿易の中継地シンガポールの陥落、そして同時期のの陥落、後のビルマ陥落と併せて、これまで数世紀にわたって行われたアヘン貿易は壊滅。

12
海軍の第一航空部隊による開戦初頭のシンガーポールに対する空襲は相当の成果を収めたと判断され、陸軍の第三飛行集団の北部マレー方面の航空作戦はおおむね順調に経過している模様であった。

マレーバク 大佐

戦史叢書1 マレ-進攻作戦 464頁• 『』監督、、1942年• 戦史叢書1 マレ-進攻作戦 76-77頁• 戦史叢書1 マレ-進攻作戦 415頁• 戦史叢書1 マレ-進攻作戦 422頁• 戦史叢書1 マレ-進攻作戦 393頁• 8日、軍主力の渡航開始。

5
『マレー作戦 第二次世界大戦史』• マレー攻略船団部隊は午前8時までに警戒航行隊形の制形を終えた。

マレーバク 大佐

岩畔追撃隊はヨンペン方向に前進予定だったが、師団命令によってセンガラン方向に攻撃前進した。 クワンタン作戦は、木庭支隊(第18師団二個大隊)をクワンタンに上陸させる作戦で、海軍側は強襲上陸を危惧したため、23日にSおよびQ作戦に関する作戦協定(総協第3号)が結ばれ、上陸に先行してシンガーポールの敵空軍を撃破すべきとする海軍側の意見が取り入れられた。

15
戦史叢書1 マレ-進攻作戦 273-274頁• 戦史叢書1 マレ-進攻作戦 313-314、383頁• 戦史叢書1 マレ-進攻作戦 416頁• 近衛師団は1942年1月10日の第25軍命令によって、ラワン以南において第五師団の一部を超越南進し、海岸道に沿う地区よりマラッカ付近を経てシンガポールに向かい敵を急進すべしと命じられた。 英航空部隊の活動は一般的に低調なため、防備に追われ、消極作戦に終始しているものと判断された。

マレーバク 大佐

30日午前2時、杉浦部隊はアイエルベンハン通過後、クライで河村部隊に合一し、31日夕、に突入した。 12月14日、南方軍が第25軍司令部に参謀を派遣してクワンタン作戦を中心とする新作戦構想の意見交換を行い、第25軍は佗美支隊にクワンタンへの転進を促進した。 2月4日、第25軍は戦闘司令所をスクダイに前進させ、6日各兵団長、独立部隊長を集めて攻撃命令を下し、軍司令官が訓辞を行った。

ただ、獏の毛皮を魔除けとして用いる文化はあったようです。

マレーバク 大佐

14日に砲撃、空襲で送水管、水道管が破裂し、15日給水状況は逼迫し、専門家が今後一昼夜の給水しかできないと判断したという。

戦史叢書24 比島・マレー方面海軍進攻作戦 406-407頁• 概要 バクはウマ目のバク科に属する動物を指します。