蜜柑 芥川 龍之介。 深読み芥川龍之介(3)「蜜柑」論

芥川龍之介『蜜柑』の内容が3分でわかる!あらすじから解説まで

しかしその電燈の光に照らされた夕刊の紙面を見渡しても、やはり私の 憂鬱 《 ゆううつ 》を慰むべく、世間は余りに平凡な出来事ばかりで持ち切っていた。

17
そうして刹那に一切を了解した。 英語の先生だったそうですね。

【蜜柑・芥川龍之介】日常のわずかな瞬間に作家の内面を垣間見る

柑橘系文学は名作が多いので、そちらも読んでみると良いでしょう。 ここを読むと現実に近いことがあったのかなと感じさせるところである。 「娘」は「私」が汽車の中で出会った少女です。

9
現在ではその名残すらないが、戦前はちょっとした路線であったようである。

深読み芥川龍之介(3)「蜜柑」論

すると其時夕刊の紙面に落ちてゐた外光 (ぐわいくわう) が、突然電燈の光に変つて、刷の悪い何欄かの活字が意外な位鮮に私の目の前へ浮んで来た。

ホームに犬の檻があるというのは現実的な光景とは考えにくいが、うまく物語の世界に連れ込まれていく部分で、この段落自体がやはりすごく巧い。 資料の原本内容 この資料を購入すると、テキストデータがみえます。

『鉄道と文豪作品 ~芥川龍之介『蜜柑』~』横須賀(神奈川県)の旅行記・ブログ by 横浜臨海公園さん【フォートラベル】

外を 覗 ( のぞ )くと、うす暗いプラツトフオオムにも、今日は珍しく見送りの人影さへ跡を絶つて、唯、 檻 ( をり )に入れられた小犬が一匹、時々悲しさうに、吠え立ててゐた。

1
蜜柑 作者 国 言語 ジャンル 、 発表形態 雑誌掲載 初出情報 初出 『』5月号 初出時の題名 「 私の出偶つた事」 刊本情報 収録 『影燈籠』 出版元 出版年月日 1月 装幀 「 蜜柑」(みかん)は、8年()5月にによって『』に発表された()である。

芥川龍之介 蜜柑

辛く厳しい日々を、純朴な行為が忘れさせてくれます。

とうに電燈のついた客車の中には、珍らしく私の外に一人も乗客はいなかった。

『鉄道と文豪作品 ~芥川龍之介『蜜柑』~』横須賀(神奈川県)の旅行記・ブログ by 横浜臨海公園さん【フォートラベル】

が、やがて発車の笛が鳴つた。 そう見えるのは、自分がそうだからなのですね)何もかもが、どこか重苦しい。 初出のタイトルは「私が出遇ったこと 一蜜柑 二沼地」(「新潮」大正八・五)だった。

10
芥川龍之介「蜜柑」 資料47 芥川龍之介「蜜柑」 蜜 柑 芥 川 龍 之 介 或曇つた冬の日暮である。

【蜜柑・芥川龍之介】日常のわずかな瞬間に作家の内面を垣間見る

これを象徴的に言い換えると、 「トンネルの中の汽車と田舎者の小娘と平凡な新聞記事」は「黒煙」に包まれますが、「娘の行為」によって明るい方向へと進んでいく物語となります。

列車がトンネルを抜けると、ある貧しい町の踏切に差しかかり、その踏切の前には、少女と同じような赤い頬をした3人の小さな男の子たちが立っていました。 汽車が踏切を通ると、そこにはみすぼらしい格好の三人の男の子が並び、歓声をあげました。

芥川龍之介「蜜柑」|作品に登場する語彙の解説

発表当時は「 私の出遇つた事」という名の作品だったが、後にその作品の一部が「蜜柑」と改題されたものである。

16
象徴 トンネルの中の汽車 不可解なもの 田舎者の小娘 下等なもの 平凡な新聞記事 退屈なもの 黒煙 前を見えなくするもの 娘の行為 主人公を救うもの 「黒煙」は不可解な人生の行く末を 見えなくするものの象徴だと考えることができるでしょう。