マヤ 文明 3 月 20 日。 「2020年3月20日に世界のゲートが閉まる」世界終了が濃厚に! 業界騒然…次元上昇アセンションで人類滅亡へ!

東京オリンピックは“ない”、2020年3月20日に人類滅亡! インド暦とマヤ暦が断言していた! (2016年8月27日)

(恐竜時代と言われている) 第三の太陽の時代 高度な文明によって争いが繰り返されてしまい、大洪水が起きる。 「母なる大地から心臓を取り出してはいけない。

しかし、 実際2012年に世界が終わりは 迎えませんでしたね。

人類滅亡?3月20日がマヤ暦の終末説とインド暦の終わりと一致!

画像引用:wikipedia この話の出どころは、 「インド暦」というものが発端のようです。 また、 マヤ人の 末裔 まつえいは、現在もグァテマラを中心に中米で生きています。

5
ところがフランスの科学ジャーナリストであるモーリス・シャトラン氏は、 「2012年説」には閏年を考慮していないという天文学上の計算ミスがあり、 本当のマヤ歴の終わりは2020年3月20日だと主張しています。 引用: National Geographic Inc. 古代マヤ文明とは?!マヤの予言 ホピ族の予言 を徹底調査! — 399,909 views• しかし実際には、2012年12月21日の後は新たなサイクルとしてカレンダーが始まるというだけで、そこですべてが終了するというわけではなかったのだ。

「2020年3月20日人類滅亡説」ってマジで言ってんすか?

(恐竜時代と言われている) 第三の太陽の時代 高度な文明によって争いが繰り返されてしまい、大洪水が起きる。 そもそもマヤの暦は順還暦であり、日本の干支のように、最後まで進んだら再び新しく1から始まる暦だったので、暦が最後まで進んでも恐れる必要はなかったのである。 ホピ族の言い伝えのひとつに、 「私たちの住むこの場所は、アメリカ大陸の背骨であり、ヒマラヤと同じように地球の自然エネルギーの根源です。

4
インド文明のほうもそうですが、基本的にこれらは暦のサイクルが一巡して次のサイクルに切り替わるというだけのもので、行ってしまえば平成が令和に変わった程度に思ってもらっていいと思います。 古代マヤ文明で使用されていたマヤ暦が「2012年12月21日」に区切りを迎えるということから、その日に人類は滅亡すると解釈されたのだ。

「2020年3月20日に人類が滅亡する」!?世間を騒がせたマヤ暦とインド歴の予言とは

18 2017年7月23日閲覧• そしてマヤ暦を研究する科学ジャーナリストも、ベテルギウスの超新星爆発が人類滅亡を招くと算出している。 ことの発端は、「2012年人類滅亡」で話題になった「マヤ暦の終末説」にある。

16
そして住職自身も、やはり2020年3月20日がインド暦の終わりだと認識しているそうだ。

「2020年3月20日人類滅亡説」ってマジで言ってんすか?

山口敏太郎. 最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。 加えて、「ベテルギウスの超新星爆発」というのはかなり信憑性のある話で、ALMA望遠鏡(日本をはじめ、東アジア、北米、欧州、チリを含む21の国が協力して運営しているチリのアタカマ砂漠に設置された望遠鏡)はベテルギウスが膨張を続けていて、直径14億キロに達するほど巨大に成長し、いつ爆発を起こしてもおかしくない状況であることを映し出したのです。 私には 「歴史は循環している」という言葉が印象強いです。

4
この予言は数年前に世界中で注目された「マヤ暦の予言」が関係している。

神秘の王朝

過去、オーストラリア・クィーンズランド大学のブラッド・カーター博士が「もしもベテルギウスで爆発が起これば、地球を明るく照らすもう一つの太陽が形成される」可能性を導き出して話題になったが、衝撃的発表であったために覚えている読者も多いのではないだろうか? 思い出してほしい。 この暦はインド北東部のアッサム州グワーハーティーに13世紀に建造されたナヴァグラハ寺院に存在するもの。

6
残るひとつが 「天界の住居が大音声とともに落ちてくる。 「2020年3月21日」に人類滅亡!インド暦とマヤ暦の終わりが一致! ご存知の方も多いのではないでしょうか? この「2019OK」については、各国の天文学者も地球に近づく数日前にしか発見できなかったということで、小惑星を爆破する準備なども間に合うタイミングではなかったそうです。