生協 あいの里。 生活協同組合コープさっぽろ

札幌市の花屋

西側でに隣接し、その他周辺は篠路町拓北に囲まれた形となっている。

が方面等へ運行。 湖沼 [ ]• 沿革 [ ] (明治15年)、から滝本五郎・兄弟が篠路村の一部であった当地に入植。

生活協同組合コープさっぽろ

篠路興産社を設立し、、、、、の他、藍の栽培を始める。

13
教育施設 [ ]• が方面等へ運行。 2 ;box-shadow:0 4px 6px 0 rgba 0,0,0,. こちらも(平成18年)に「南あいの里」が正式な町名となった。

教育大札幌生協食堂

が、()、等へ運行。 札幌市立あいの里東小学校、あいの里西小学校、、拓北小学校• あいの里キャンパス 学園都市 [ ] 『 』と付属の小・中学校をはじめとして『 』あいの里キャンパス及び『 』等の教育・医療施設が揃っていることから『 学園都市』とも呼ばれる。 札幌市立あいの里東小学校、あいの里西小学校、、拓北小学校• 住所 [ ] 町丁 あいの里1条3丁目~7丁目 002-8071 あいの里2条1丁目~8丁目 002-8072 あいの里3条1丁目~10丁目 002-8073 あいの里4条1丁目~10丁目 002-8074 あいの里5条3丁目~4丁目 002-8075 南あいの里3丁目~7丁目 002-8091 交通 [ ] 鉄道 [ ]• 旧(現・)からを設け、揚水場()を併設してを進めた。

7
2019年7月現在の人口はあいの里が20,260人、南あいの里が3,968人。 からの補助金も受けその規模を拡大し、明治中期には現在のあいの里から拓北にかけての一帯が興産社の農場となっていた。

生協協同組合コープさっぽろ あいの里店

:地区の中心を東西に抜ける。 また、製造所で受け入れる藍の作付けも篠路から、、、そして、にまで広がった。

- 道路 [ ]• 河川 [ ]• 東部で僅かに篠路町に接している。 しかしながら、(明治32年)の滝本の死後は、輸入される化学の進出に押され藍栽培は衰退した。

あいの里

旧(現・)からを設け、揚水場()を併設してを進めた。 から、住宅・都市整備公団(現:)、北海道住宅供給公社などが主体のである 札幌ニュータウンあいの里として開発された。

(明治19年)からは本格的な製造所を建て藍の加工を始める。 地名はあいの里と同様に、かつて藍の栽培が盛んであったことに由来する。

あいの里

歴史 [ ] 地名の由来 [ ] の開拓期に付近一帯での栽培が盛んであったことと「人びとに愛される街」になることの願いから 、ニュータウンの愛称として あいの里と名付けられ、それが正式な町名となった。 2、計画人口は約32,000人である。 脚注 [ ] []. (JR北海道)札沼線• 札幌あいの里郵便局、札幌あいの里三条郵便局• 地名はあいの里と同様に、かつて藍の栽培が盛んであったことに由来する。

9
。 後に興産社は、の開拓者だった吉田善助(の子)の所有地となり、(大正13年)には「土功組合」を設立。