東京都 死亡数 コロナ。 新型コロナウイルスに関連した患者の死亡(1599報)|東京都

#東京都コロナ死亡者数 直近7日間年齢階級別、月別。6月22日、新規死亡者5人。

だいたい感染状況の把握は誰の責任のもとで行われているのか? 情報の不透明さが招いた混乱 メディアには発表されたものをただ横流しするだけではなく、社会に混乱が生じている根本原因を突きつける報道を最初から徹底してやってほしかった。 つまり新型コロナ感染症を死因とする死亡だけでなく、それが広がったことによる社会的・心理的影響による間接的な死亡、すなわち、病院の一般患者受け入れ困難、あるいは感染を恐れて病院に行かなかったことによる病死、さらに経済的・精神的な理由による自殺などが含まれるはずだ。 実際に3月中旬以降、東京都の新型コロナでの死者数は激増しています。

8
というのも、今年はインフルエンザ感染者は例年よりもかなり少なくなっており、去年よりも30%程度も減っているのです。

#東京都コロナ死亡者数 直近7日間年齢階級別、月別。6月21日、新規死亡者1人。

その結果が、日々厚労省のサイトへ公開されます。 台湾や韓国は、世界標準の感染症対策を迅速に行っただけであり、それがアジア人の有利条件と合わさって、好結果につながったといえます。 そして、情報の不透明さが恐怖をあおり、不安を募らせることも一切学んでない。

だが、今回の「19人から171人」の数字とそれを巡る報道には、絶望にも近い感情を抱いている。 だから、有名人の新型コロナ感染や新型コロナでの死亡が多いと思われます。

新型コロナウイルスに関連した患者の死亡(1613報)|東京都

台湾や韓国では、早くからPCR検査を大々的に行い、感染者を隔離し、大幅な経済活動の自粛やロックダウンなどの厳しい処置を講ずることなく、新型コロナ対策に成功しています。 が、この主張は的をはずしていると思われます。

正確な数字を把握できない本当の原因は? 厚労省は感染状況などを「」で日々発表しているが、5月8日前後の死亡者数を確認しても一気に100人単位で増えた事実は確認できなかった。

「統計上はコロナではないが…」東京の4月死亡者数は例年より1000人以上多い 累計のコロナ死者は120人なのに…

どの部分が速報値で、どの部分が確定値なのか、そしてどの部分が訂正がなされたのかが不明なのですから。 今回の新型コロナウイルス感染症の場合、日々毎日データが新たに発生し続けます。 3月22日~5月6日の間で感染者数の増減が生じ、全体で76人増えたという。

そのため代表例として、東京都のデータ(4月分)で超過死亡を算出したい。

新型コロナウイルスに関連した患者の死亡(1622報)|東京都

にもかかわらず、東京では2月終わりから3月にかけて肺炎の死亡者が通常値を大きく超えて激増していたのです。 つまり日本というのは、もともと感染症が流行しにくいといえるのです。 そして3月中旬の週になって急に肺炎死亡者が減っているのです。

7
0 東京都HPの資料をもとに筆者が作成 〇 上記の表の「 発表日」は、東京都が死亡者情報を発表した日であって、死亡日ではないことに留意願います。

#東京都コロナ死亡者数 直近7日間年齢階級別、月別。6月21日、新規死亡者1人。

……ふむ。

12
しかし、日本の新型コロナの死者数には、疑問となるようなデータが多々あるのです。 花粉症の影響もあり、日本人は冬から春にかけてマスクを常用している人がかなりいます。

東京都の新型コロナウィルス(COVID

リンクはこちら。 情報を透明化することは、今回のような緊急時では、厚労省にとっても良い面があったはずだ。

5
厚労省が感染状況の集計方法を、「都道府県から報告される感染者の情報を1人ずつ積み上げる方式」から、「都道府県のホームページを参照する方式」に改めると発表• このようなサイトです。 今回のそのデタラメだらけのデータの中でも、特に「死者数」をターゲットにして、ご説明したいと思います。

元官僚が見抜いた、東京の新型コロナ本当の死者数が数倍の可能性(MAG2 NEWS)

数字とは恐ろしいものだ。 データファイルと書いたのは「表データ画像」もしくは「PDF化された表データ」ではなく何らかのアプリで直接扱うことが可能なファイル、という意味です。 自分の健康を守ることや、その人に会うのを我慢することが、その人に対する愛情の表われなのです。

6
この1週間の死亡日から発表日までの平均所要日数は4.7日です。 おそらく、政府の発表よりもかなり多くの死者がいるはずなのです。