シェール ガス。 「シェールガス」はなぜ救世主?シェールガス革命をイチから解説

EconomicNews(エコノミックニュース)

推定埋蔵量が最も多いのは中国ですが、現在、生産量が最も多いのは埋蔵量世界第2位のアメリカです。 2000年代に入って,アメリカで頁岩に人工的に大きな割れ目をつくってガスを採取する技術が確立し,さらに頁岩層に接している坑井 こうせい の表面積を最大にする水平坑井掘削技術という技法で長大なを掘ることが可能となり,シェールガス生産量が飛躍的に増大,シェールガス革命と呼ばれるようになった。 米天然ガス2位のチェサピーク・エナジーの経営も悪化しており、市場が注視している状況です。

2
2000年代には先述した採掘技術を確立。 2017年、ロイターはアメリカで活動するシェール企業の採算ラインをWTI原油価格で1バレル50ドル前後と推定した。

シェールガス革命│初めてでもわかりやすい用語集│SMBC日興証券

例えば、水圧破砕作業では、まず水平坑井の最も先端の部分で毎分70バレルの流体と砂を圧入してフラクチャリングを行い、その後約120メートル間隔で順々に手前側に戻りながら同じ作業を繰り返して多段階のフラクチャリングを進めていきます。 2010年6月のの研究では、将来天然ガスはアメリカ合衆国のエネルギー需要の40パーセント(現在は20パーセント)を賄うようになると報告された。

16
今まで買っていたエネルギーを自国でまかなうことができるようになり、さらに販売することができるようになるってことね。

シェールガス革命│初めてでもわかりやすい用語集│SMBC日興証券

市原 路子(編者)、カルーソ、パリアレシ(講演) 2010年5月20日. カナダ [ ] のシェールガス原始埋蔵量は1000TCF程と推定され 、、、、、、の各州で探査や開発が行われている。 シェールガス革命 シェールガスは100年以上も前から生産されていましたが、それは頁岩に自然にできたスキマから採取されたもので採算性もあまり高くありませんでした。

1
とはいえ、天然ガスが出てくる深さと比べればずっと深いことにはなるけど、コストを増大させてしまっていた最大のポイントは「深さ」ではないんだ。

シェールガス

け、けっこう深いところにあるのね。 米国でのエチレンの製造では、従来、原油の精製過程で得られるナフサが使用されてきましたが、シェールガスに含まれるエタンを活用することで、原料の大幅なコストダウンが可能となりました。 さらに、米国には伝統的にハイリスク・ハイリターンの新しいベンチャー企業に資本を提供する資本市場が整備されていることや、地下資源の所有権が土地を所有する個人に帰属しているため、土地所有者が採掘権を売却することで大きな利益を得られることなども、シェール開発を容易にしています。

6
米国の化学会社は天然ガスからエチレン、プロピレンを製造している。

シェール革命の化学産業へのインパクト

オバマ政権下で厳しくなった環境規制を緩和する姿勢を打ち出しています。 のち、政府側は採掘を当面中止すると宣言した。

14
米国の電源構成の変化と見通し シェールガスバブルの破綻 このようにアメリカのみならず世界のエネルギー動向に大きな影響を与えた「シェール革命」ですが、その先行きに暗雲が漂い始めました。

シェールガスとは何か?超がつくほどわかりやすく解説

これはほかの地域で発見されたシェールガス埋蔵量と比較して桁違いの数字で、ポーランド国内の天然ガス使用量のじつに300年分に相当する途方もない量となるが、これでも「少なく見積もって」の数値である。 これによって世界に原油が余り、他の原油価格も下げざるを得なくなり、競争能力のない小さな原油会社は市場から締め出される可能性まで出てきた。

[編集部] シェールガス の一種で,に含まれる。

地球環境豆知識 [22] シェールガス

在来の天然ガスとの違いは貯留層が砂岩ではなく,シェール( けつがん )という泥岩であること。 9パーセントは北アメリカに集中しており、事実上生産は北アメリカ1極である。 しかしその後シェールガスの温室効果ガス排出量が、従来の天然ガスや石油よりも大きくなるとの指摘がから上がるようになった。

19
また、からにかけて、でM4レベルの地震が相次いで発生し、2人が死亡したことに対し、地元住民の間でシェールガスの採掘による誘発地震の説が広がり、一部の住民らは県政府庁舎に押し寄せ、シェールガスの採掘停止を求めた。 では結局日本はエネルギーを外国から輸入し続けないといけないから、シェールガス革命はあまり関係なさそうね。

シェール革命の化学産業へのインパクト

発電所としても活躍が期待されている 日本では、シェールガスを利用した新しいLNG火力発電所が着々と建設されています。 今も、ロシアの資源依存の病気体質は変わっていない。 競争率の高い地域では価格競争により安い値段でガソリンを提供しているが、そうでない地域は値段を据え置き、来るべき原油価格高騰に備えて利益を蓄えているようである。

9
米エネルギー情報局 による主なシェールガス層の分布図。 同年には、日本企業や韓国企業が米国よりコンデンセートを輸入しています。