セイコー リザルト。 自動計測システムに異常あり?!

セイコーゴールデングランプリ陸上

素材はバックがアルミで、フロントが塩ビの対衝撃性のものです。 この製造は今年の始め。

13
Q--今手元に配られた書類の中には成功の数字しか並んで折らず、皆さんも成功したと言っていますが、昨日おとといと計時に対する問題が出てきており、大きな疑問が投げかけれているこの大会、何を基準に成功といっているのでしょうか。

自動計測システムに異常あり?!

1.5キロで反応しなければならず200キロのターンにも耐えられるように作っている。 翌年2002年にはモスクワで短水路の世界選手権、2003年にはバルセロナで世界選手権を行う。

更にはFINAの裁定委員会でバックアップビデオを見るべきではないかという問題についてお答えください。

リザルトシステム

これは12カ国、パースの世界選手権のときより増えている。 このとき、本来入ってはいけないバックアップシステムのところに、アメリカのコーチが一緒に入ってきて、ビデオを見ながら「この瞬間だろう!」と主張し、その主張がジャッジによって認められ、-0・06が-0.01に訂正されたのです。

--ラムサミーFINAスポークスマン: 昨日の記者会見でも言いましたが、疑問があればアピール、プロテストという手段をとってFINAに提出してもらえればいいものです。

自動計測システムに異常あり?!

) 世界中のメディアが注目する 自動計測システム問題 --計測システムに関する説明: --スポーツタイミングのジェネラルマネージャー末広氏: 「セイコーでは数々の国際大会で公式掲示の担当をしてきた。

17
Q--マルクレスク事務局長にお伺いします。

セイコーゴールデングランプリ陸上

そのようなタッチ板へのタイムが伝わりにくいタッチの場合、バックアップシステムで確認することが多い。 壁が平らならぴったりつきますけれど、プールがコースロープに引っ張られてタッチ板が浮いているんですね。 当ソフトウェアの導入により、スタートリストの作成や競泳用自動審判計時装置(プリンティングタイマー)との接続によるラップタイム、ゴールタイムの自動入力、競技結果の印刷など一連のデータ処理が実行できます。

過去のオリンピック、パンパシフィックなどの実績を積んできた。 (ここからはセイコーの技術者を囲んでの話となる) 日本が3位になった女子800Mリレーのレースについて。

リザルトシステム

きちんと申し出をしていただければ我々は透明性を守っています。

12
福岡や日本水泳連盟の人々の協力を得ることができた。

リザルトシステム

」 タッチ板は選手の圧力に感知して計測するシステム。

19
説明に不足があって理解していただけない部分があるかもしれないが、我々としては最初の説明として以上です。 今回は男子800mも増やしましたが、 これから、プログラムは増加の傾向にあります。

セイコーとスポーツ協賛

(今大会の総括がFINAから出された後、計測システムについての説明と質問がおこなわれた。 映像で見るとね。

--ラムサミーFINAスポークスマン: 私どもが全体的な評価としての評価をまず述べたわけです。