アークナイツまとめ。 【アークナイツ】メインストーリー6章まとめ・考察・感想【局部壊死】

【アークナイツ】メインストーリー6章まとめ・考察・感想【局部壊死】

鉱石病がコロナのようにヒトからヒトへ移ると勘違いされているアークナイツの世界で、もし自分が1人の非感染者として暮らしていたとすると、鉱石病の感染者を差別的な目で見ないという自信が僕にはまったくありません。 感染者は体表に鉱石が浮き出ており、特殊なアーツを使えるスー的な扱いなので、自己を同一視しにくいのです。

14
闇についても同様に書きました。

【アークナイツ】メインストーリー6章まとめ・考察・感想【局部壊死】

ですが、このフォーマットに則っている物語なのかどうかがいままで明らかにされてこなかったと僕は思っています。 いまさら取り立てて大騒ぎするものでもありません。

4
感染者側に立ってウルサス帝国を滅ぼすでもなく、非感染者側に立ってレユニオンを滅ぼすでもない、真の理想を追い求めるのがロドスという組織なのです。

【アークナイツ】メインストーリー6章まとめ・考察・感想【局部壊死】

「正義のヒーローに対峙する敵役にも戦う理由がある」「正義の反対は悪ではなく別の正義」というフォーマットは、あらゆるエンターテイメントの基礎を成しています。 ロドスの隊員たちが、倒した2人に感情移入をしているというのが理由の1つ。 に感染したYoutuberが、あちこちを旅行して感染を広げてしまったというニュースが流れたとき、多くの人がそのYoutuberを非難しました。

16
感染者がスラムにいるというだけで、いろいろな面で龍門の脅威になり得ると判断したのです。

【アークナイツ】昇進2の優先度のテンプレってある?スズラン育てた後はどうしよう…

結局、ウェイの命令に従うことが、一番龍門のためになると考えたのでしょう。 6-6のとの過去話、6-13のフロストノヴァの過去話は、目をそむけたくなります。 単にひどいお話というだけでなく、自分の中の「不寛容さ」が、加害者意識を持ってうずきだすからなのかなと思っています。

4
我々プレイヤー(ドクター)はいままで、ひたすらレユニオンの暴動を鎮めるために奔走してきました。 廃都市でちょっと仲良くなっていたからこそ、スノーデビルの全滅はアーミヤやブレイズたちにとって辛い出来事になりましたし、一度は通じ合えたと思ったフロストノヴァと壮絶な命のやり取りをしなくてはいけない辛さが際立っています。

【アークナイツ】昇進2の優先度のテンプレってある?スズラン育てた後はどうしよう…

星5ではフィリオスペクターラップランドが3大重要キャラだとは思うけど、 フィリオの素質だって他のキャラの強力なスキルを加速してこそ意味があるので、上記星6トップ5の方が優先。 シナリオ6-18でスワイヤーとチェンはそれを目撃し、激昂したチェンはそのままウェイ長官の執務室へと乗り込んでいます。

7
0章~5章までと6章での緩急のつけ方が、非常に上手だと思いました。

【アークナイツ】メインストーリー6章まとめ・考察・感想【局部壊死】

彼らがレユニオンの一員かどうかは一切関係なかったため、行政長官による罪なき一般市民の虐殺という恐ろしい所業が裏で行われていたわけです。 亡骸の捨て場所が「排水システム」だったのでしょうね。 アーミヤやケルシー先生が"正しい命令"を出すから、戦場のオペレーターたちは迷わずに戦えるんですよね。

4
テンニンカもまあ優秀ではあるんだけど、コストを稼ぐ能力だけなら昇進2だけでは変わらない。 予期せぬ方向から急に殴られた感じです。