スーパー リロード。 ページが更新されないときは、スーパーリロード(強制更新)を試してみて

Webブラウザのキャッシュ削除とスーパーリロード方法一覧

ですが、この「リロード」には2種類あるんです。 一度閲覧したウェブサイトのデータを端末内に保存しておき、次に表示するときにその内容に変化がなければ、保存したデータを使うことで表示を高速化したり通信帯域を節約する機能です。 Webサイトの表示がエラーになるなど、おかしいなと思ったらこの記事を参考にしてスーパーリロードとキャッシュクリアを試してみてください。

15
通常なら、ブラウザの 更新ボタン、または、 F5キーで更新されるが、 ブラウザキャッシュが強烈に効き過ぎて、再読み込みでも更新されない場合がある。 スマホにはスーパーリロードが無いので別の手段を使います スマホにはスーパーリロードがありません。

Android版 Chromeでスーパーリロードを強制的に行うには

……という理論上は完璧にリフレッシュしたデータが読み込まれるハズなのですが、cssファイルや画像など、反映されない事もあります。

14
しかし、いちいちこの方法は面倒くさい. F5キー• Ctrl + F5• [~個のアプリをすべて表示] をタップ• ただ、多くの場合はこの方法で再読み込みできるため、上記の1行をクリップボードツールなどに登録しておくと便利です。 Ctrl + 更新ボタン• 「スーパーリロード」と「キャッシュのクリア」のやり方は使っているパソコンやスマホ、ブラウザによって違います。

【キャッシュ消滅】ブラウザ別『スーパーリロード』のやり方、ショートカットまとめ(Window、Mac対応) ≫ 使い方・方法まとめサイト

スーパーリロードをすることで、新しいデータが反映されてWebサイトがきちんと表示されるようになります。

11
ケーネットスタッフです。 3.「履歴とWEBサイトデータを消去」をタップします。

ページが更新されないときは、スーパーリロード(強制更新)を試してみて

リロードしても改善されない時の解決法が「スーパーリロード」と「キャッシュのクリア」です。 iPhoneとandroid、主要なブラウザのSafariとGoogleChromeのやり方を説明しています。

4
例えば、javascriptで動的に参照されたファイルのキャッシュなどが更新されるので、スーパーリロードよりも強力な方法と言えます。

Webブラウザのキャッシュ削除とスーパーリロード方法一覧

ホームページやWordPressなどWEBサイトを作成する時はけっこう使うスーパーリロード。 解決するには『リロード』というWebページのデータを読み直す作業が必要です。 左にスライドすると削除ボタンが出てくるので、それをタップして削除します。

キャッシュクリア ブラウザに残っているキャッシュを削除して、Webサイトのサーバーから新しいデータを取り込む方法です。

ご存知ですか?スーパーリロード

これは「ブラウザキャッシュ」が有効になっていることが原因です。

13
Windowsの場合Chromeを開いた状態で F12を押します。

スーパーリロードの方法をブラウザ別でまとめてみた

「スーパーリロード」と「キャッシュクリア」のやり方は、使っているパソコンがWindowsかMacかによってもちがいますし、スマホでもiPhoneかandroidかによっても違います。

8
ネットショッピングやWebサイトの閲覧がスムーズなのはこの履歴があるからです。 ウェブサイトの読み込みがうまくいかなかったら、まずは「スーパーリロード」を試してみて、ダメだったら、手動でキャッシュを削除する、という二段構えにすると、効率的かもしれませんね。