映画 興行 成績。 映画『地獄の花園』興行収入推移と最終興収を元映画館社員が予想

世界歴代興行収入上位の映画一覧

監督:樋口真嗣• テラフォーマーズ 第6位は『テラフォーマーズ』。

17
「1999年日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」『キネマ旬報』(平成12年)2月下旬号、、2000年、 154頁。 週末の興行成績ランキングも初登場5位でした。

松本人志、黒木瞳、水谷豊……興行収入が“大爆死”に終わった芸能人監督の映画3本(2020/12/14 12:00)|サイゾーウーマン

テレビ朝日出資の映画作品。 「しかし、日本国内で興行収入が100億円を突破した映画は、これまでたった37作しかないそう。

北米興行収入ランキング 1965年北米興行収入トップ10 順位 題名 スタジオ 興行収入 出典 1. 興行収入推移 1週目 約16億0900万円 2週目 約7億7400万円 3週目 約4億5200万円 4週目 約1億7700万円 5週目 約1億3500万円 6週目 約1億0100万円 7週目 約8500万円 観客動員470万0000人を突破。 共演はフローレンス・ピュー、デビッド・ハーバー、レイ・ウィンストン、オルガ・キュリレンコ、O・T・ファグベンルに、オスカー俳優のウィリアム・ハートとレイチェル・ワイズ。

国内映画ランキング(2021年7月10日~2021年7月11日)

主演:三浦春馬• 累計興収に初週の数字を割ります。

1
「東京リベンジャーズ」」V、新作「ブラック・ウィドウ」「100日間生きたワニ」「ハニーレモンソーダ」アップ 7月5日~11日(集計期間)の「映画. 累計では早くも興収11億円を突破した。 累計興収に初週の数字を割ります。

映画ランキング・映画興行収入

興行収入3000万円を突破。 「1981年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」『キネマ旬報』(昭和57年)2月下旬号、、1982年、 118 - 125頁。 興行収入3億円を上回れるかが焦点。

11
興行収入65億8000万円を突破。

映画『地獄の花園』興行収入推移と最終興収を元映画館社員が予想

2014年に上演された舞台の実写化作品です。 - 配給収入1億2000万円• , Tianjin Maoyan Weying Media Co. 「東京リベンジャーズ」が初登場1位!「ブラック・ウィドウ」は3位、「ハニーレモンソーダ」は4位に 今週は、「東京リベンジャーズ」(ワーナー)が、土日2日間で観客動員38万6000人、興行収入5億2800万円で初登場1位を獲得。

12
1951年 [ ] 日本配給収入ランキング 1951年邦画配給収入トップ10 (対象期間:1951年4月 - 1952年3月) 順位 題名 1 1億4105万円 2 1億2569万円 3 大映 0億9005万円9005万円 4 松竹 0億8347万円8347万円 5 大映 0億7999万円7999万円 6 松竹 0億7597万円7597万円 7 大映 0億7400万円7400万円 8 0億7200万円7200万円 9 東宝 0億7053万円7053万円 10 松竹 0億6978万円6978万円 出典: 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、88頁。

歴代ランキング

先日、中国映画『阿修羅』が歴史的な興行不振を記録したことがニュースになりました。 「1992年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」『キネマ旬報』(平成5年)2月下旬号、、1993年、 148頁。

19
2021年7月12日更新 編集部. 北米興行収入ランキング 1961年北米興行収入トップ10 順位 題名 スタジオ 興行収入 出典 1. - 配給収入2億円• 「各社2017年の動向を見る」『キネマ旬報』(平成30年)下旬号、、2018年、 50頁。

東映の年度別映画興行成績

「1986年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」『キネマ旬報』(昭和62年)2月下旬号、、1987年、 124 - 131頁。

14
8億円• 座頭市 THE LAST 第12位は『座頭市 THE LAST』。 目標ラインは興行収入40億円。

映画ランキング・映画興行収入

「テレビ朝日系の大人気ドラマシリーズ『相棒』の主演で知られる水谷豊が監督を務め、17年に公開された『TAP THE LAST SHOW』です。 映画がコケただけでなく振る舞いまで叩かれるとは踏んだり蹴ったりですね。 目標ラインは興行収入10億円。

1
「君の名は。

国内映画ランキング(2021年7月10日~2021年7月11日)

comアクセスランキング」をご紹介します。

14
「1980年度日本映画・外国映画業界総決算」『キネマ旬報』(昭和56年)2月下旬号、、1981年、 116 - 119頁。