ファティマ 第 3 の 予言。 ファティマ第3の予言の真相は未来記にある

ファティマの予言とは?ファティマの第3・第4の予言と日本との関係について解説!

人々は肉欲や傲慢など様々な煩悩と現世的な罪にまみれることによって、死後、永遠に地獄に行くと言い、 3人の子供たちに地獄とはどういうものかという事を見せたのでした。 ファティマはポルトガル中央部に位置する小さな町• そのほかに 幾人もの司教と司祭、修道士と修道女が、 険しい山を登っていました。

6
麒麟は、紀元前から中国に伝わる伝説上の動物で、慶事の前に現れると言われ、おめでたいしるしとも考えられています。 08月• ファティマの予言の話を聞いたことがあるだろうか? 1917年、ファティマという貧しい村に現れた聖母マリアが、村の3人のこどもたちに伝えた3つの恐るべき予言の事だ。

ファティマの第3の予言とは?世界の終焉を意味する?それとも…

間もなくフランシスコ、ジャシンタはその予言通りにこの世を去りました。 これがなぜ問題なのかというと、キリスト教ではキリストは神とされています。 ファティマの3つの予言とは ポルトガルのファティマというところに3人の牧童がいました。

4
という説があります。 終末論(しゅうまつろん)は、歴史には終わりがあり、それが歴史そのものの目的でもあるという考え方。

ファティマ第三の予言とは?その真実と3つの驚愕すぎる予言を大胆公開!

ルシアはドロテア修道院に入り、シスターとしての道を歩みました。 まとめ これまで、「ファティマの予言」についてお話してきましたが、第一の予言・第二の予言は成就されています。

10
ファティマ第3の予言のまとめ 今回はファティマ第3の予言についてご紹介しました。 ファティマという小さな村に住んでいた、• 開始:7月24日金曜日終了:8月9日日曜日 画像の147日なら、2020年の2月末頃が舞台となりますが、中止が100%確定するのは、あと一ヶ月はかかるでしょう。

ファティマに「聖母」現るッ!与えられた3つの予言の内容とは!?

ルシア達は聖母マリアといつものように会話を始め、その会話が終わると・・・・ 今まで土砂降りだった空は、窪地の上空だけ雲がなくなり雨が突然止んだのです。 しかし今回は、 実際に10万人を越える目撃者が同じ現象を共有していたということ。

20
ファティマ第三の予言をめぐる1981年のハイジャック事件 1981年5月2日にはファティマ第三の秘密の公開要求をするために、カトリック修道士が飛行機をハイジャックする事件が起きる程でした。

【教皇が気絶!】ファティマ第3の予言 バチカンの真実

ちなみに、浮遊する謎の物体に関しては直径千メートルにも及ぶ巨大さだったため ファティマから40km離れた所でも たくさんの人に目撃されていた。

この3度目のコンタクトで 『時期が来るまでは決して口外しちゃダメよ』という条件のもと マリア様から人類へのメッセージが託された。 レベッカ ファティマ第三の予言 第三の予言は、1960年に公開されるはずでした。

1220号 ファティマ第3の予言とは、地球が滅亡する危機を迎えるけれども東洋の島国から救世主が現れて世界を救い、本当の神の国をつくるそうです。これはまさしくあれの事ですね

というのも当時のローマ法王が この第3のメッセージの内容を聞いた時にショック過ぎて失神してしまい 『こんなとんでもねーこと発表できるかいアホンダラ!世の中が混乱してまうで!』 と言って、発表は見送られてしまったからだ。 今後、新型肺炎は日本からアメリカに伝染する。 陰謀論のひとつに、が世界を裏から牛耳っているという話が出てきますが、彼らの事を指しているのでしょうか? そして宇宙の良い存在というのは予言を授けた聖母マリアとその仲間達の事だと思われます。

5
もう何のこっちゃの異常事態に 人々は大パニックになったが すぐに太陽もどきは元の位置にまで上昇し戻っていった。

1220号 ファティマ第3の予言とは、地球が滅亡する危機を迎えるけれども東洋の島国から救世主が現れて世界を救い、本当の神の国をつくるそうです。これはまさしくあれの事ですね

この予言は第二次世界大戦の勃発を予言しているとされるのです。

4
これはファティマ第一の予言の一説なのだけど、 ロシアが名指しで批判されている。

ファティマの奇跡とは~封印された聖母マリアの予言

今からおよそ100年前の1917年5月13日、ポルトガルのある小さな村に聖母マリアが現れて、村の3人の子供にお告げ(予言)を託したうえで、決められた時期に公開するように言い残しました。 黒い泥と、がれきの山、海岸に真っ黒になった百人の死体が散乱。 後出しジャンケンのように批判を受けるのも、第二次世界大戦が始まってからなのでしょう。

12
そして、何年かの平和が世界に訪れるでしょう。