なんて 素敵 に ジャパネスク 二 次 小説。 なんて素敵にジャパネスク

なんて素敵にジャパネスク

『なんて素敵にジャパネスク2』1999年4月1日発売 、• 初登場時15歳。 才色兼備の佳人として二条堀川邸で悠々自適な生活を送っている。

小萩 -• 右大臣家に仕えているが、彼にとって大切なのは高彬のみであり、全ての価値基準は高彬である(高彬を敵視する右大臣の長子には手厳しく、高彬に懐いている由良姫はよい姫と評している)。

なんて素敵にジャパネスク

1998年3月13日発売 、• 10歳まで京の都から離れたで祖母に育てられる。 叔母には煌姫の乳母の下記がいる。 当代一の佳人として誉れの高い美女。

6
男性的な美貌の持ち主であり、胆力にも富む。

なんて素敵にジャパネスク

1998年3月13日発売 、• しかし全12回掲載されたところで(『』2005年12号まで)掲載誌が変わり、『』に連載された。 そのため、兄・高彬の親友である融に相談。

5
現代風に言えば、「お局様」。 、など当時の女性の必須ともいえる教養科目が大の苦手だが、は人並み以上に機知に富む。

なんて素敵にジャパネスク

高彬の長兄、春日大納言と手を組み、由良姫入内に纏わる陰謀の首謀者。

5
主人公の夫 [ ] 高彬(たかあきら) 瑠璃の幼馴染みであり、許嫁を経て夫となる。 『なんて素敵にジャパネスク5 陰謀編』1999年7月23日発売 、• (藤原氏)の流れを汲む家の姫君。

なんて素敵にジャパネスク

高彬の長兄だと瑠璃から聞かされた際、驚いていた。 1993年7月25日第1刷発行、• 2007年7月19日発売 、• 2014年9月17日発売 、• 『ジャパネスク・アンコール! 守弥の策略により高彬の側室の座を狙うが失敗し、後に内大臣邸(瑠璃の家)に身を寄せる。 藤宮(ふじのみや) 先々帝の第八皇女。

15
小萩 -• 当時の邸内ではそれにちなんで「表の瑠璃姫、奥の夏姫」と呼ばれ、親しまれていた。 北の方 右大臣の正室で、高彬や承香殿、由良姫らの母。

なんて素敵にジャパネスク

目的のためにさまざまな計略を立てる策謀家だが、いわゆる机上でしか物事を考えず、詰めが甘いため、その策略は失敗することが多い。 旧版 [ ]• 煌姫(あきひめ) 水無瀬宮の姫君。

13
企画は参加者に合わせた一定期間行われ、参加後の辞退は認められません。

なんて素敵にジャパネスク

今上帝と面影が似ており、そのため、太皇の宮や藤宮からも親しまれている。

7
母上 内大臣の正室。 幼い頃は夏姫と呼ばれ、瑠璃が吉野に居た間、融と高彬の遊び相手だった。

なんて素敵にジャパネスク

右大臣家に仕えているが、彼にとって大切なのは高彬のみであり、全ての価値基準は高彬である(高彬を敵視する右大臣の長子には手厳しく、高彬に懐いている由良姫はよい姫と評している)。 2006年10月19日発売 、• 2004年9月発行、• 煌姫(あきひめ) 水無瀬宮の姫君。

18
1998年3月13日発売 、• 高彬 - 参考文献 [ ]• 1989年9月25日第1刷発行、• 瑠璃いわく「スケベじじい」。 1997年12月12日発売 、• 姉・阿久の忘れ形見である、小姫を奪い返す機会を密かに窺っており、ついに実行に移すが瑠璃に阻まれ、家出した融がいる任国へと去る。