東京 コロナ 感染 者 数 推移。 マスコミがコロナ「退院者数」を報じない本当の理由とは 感染者数ばかりが右肩上がりの恐怖

統計局ホームページ/統計Today No.168

街中に潜在的に多くの感染者がいる可能性を示したデータとして、慶應義塾大学病院が病院長名で21日にサイト上で発表した調査結果が注目された。 都の新型コロナウイルス感染症対策調整担当課長は4月23日、J-CASTニュースの取材に対し、こう説明した。

19
1日あたりの感染者が3千人を下回るのは、今月24日以来6日ぶり。 発表の欠落や大幅な修正は、都道府県のHPや聞き取りでデータを随時補足している。

東京都コロナ感染602人 前週比9日連続で減少、重症者62人(ニューズウィーク日本版)

また、すでに変異株への感染が確認されていた80代男性の死亡も発表された。 東京都では、238人の感染者が確認され、都内の感染者は累計で1万人を超えた。 昨日の649人から47人の減少。

16
ともかく、重症化の恐れがある感染者を見つけて、病院で早めの対応をすることが大事だと担当課長は言っている。 長崎県は長崎市に停泊するクルーズ船乗員の感染を県内の感染者数に計上しないと発表している。

東京都での曜日別の新規陽性者数の推移のグラフ

従って、この超過死亡は、新型コロナの何らかの影響と見るのが妥当だろう。

2
政府は緊急事態宣言の発令によって、1日あたりの感染者数を100人以下に抑えようとしている。

東京都内の「PCR検査数」減少が話題に 潜在的な感染者は増えているのか: J

しかし、2019/20年冬のインフルエンザの流行は例年より早く3月には収束している。 つまり感染者数が横ばいや減少しているように見えるのは、単に検査をしていないからだけなのです」 検査件数に対する陽性者の割合である陽性率を計算すると、4月は19%にまで上がってきており、件数でなく人数で割ればさらに高くなると指摘。

6
東京都は5月22日、都内で新たに602人の新型コロナウイルス陽性者が確認されたと発表した。

「統計上はコロナではないが…」東京の4月死亡者数は例年より1000人以上多い 累計のコロナ死者は120人なのに…

なお例年であれば、前月の死亡数は翌月末には公表されるが、今年は新型コロナの影響で遅れたようで、4月分の公表は6月11日だった。 厚労省は累計の検査人数を訂正して減らしても、過去に遡って集計値を修正しない。 図3 東京都の転入・転出の状況(前年同月差)(2020年1月~12月) では、4月以降の東京都と他の道府県の間の転入・転出の状況はどのようになっていたのでしょうか。

19
大阪府では121人の感染が判明し、1日当たりの感染者が初めて100人を超え過去最多となった。

人口あたりの新型コロナウイルス感染者数の推移【世界・国別】

「これは危険領域です。

全国の月別の死亡者数については、死亡届のカウントによる方法で人口動態統計の速報で公表される。 【 東京都の5月の感染者数の推移】 17日(月) 419人 18日(火) 732人 19日(水) 766人 20日(木) 843人 21日(金) 649人 22日(土) 602人 23日(日) 535人 24日(月) 340人 確かに、前の週の同じ曜日の「419人」より79人減っていますし、全体の流れとしても、週の後半から少しずつ減り続けているように見えます。

「統計上はコロナではないが…」東京の4月死亡者数は例年より1000人以上多い 累計のコロナ死者は120人なのに…

168 新型コロナウイルス感染症の流行と東京都の国内移動者数の状況 -住民基本台帳人口移動報告2020年の結果から- 総務省統計局統計調査部国勢統計課調査官 永井 恵子 本年1月29日、住民基本台帳人口移動報告の2020年の結果を公表しました。

過去5年間の毎月の東京都の死亡者数を平均すると、3月1万271人、4月9049人だったが、2020年の死亡者数は、3月1万694人、4月1万107人となっており、超過死亡数は、それぞれ423人、1058人と算出される。