ゼノブレイド クラウス。 ゾハル(ゼノギアス)

ゼノブレイド クラウス: my blog のブログ

一年前の戦役ではダンバン達を見捨てて逃走を図ったものの、誤って敵の待ち受ける方角へと向かってしまい、それ以来消息を絶っていた。 その男の名はクラウス。 一部個人の考察も含まれているため、ご了承下さい。

13
世界が消えてしまったあと、一人になった クラウスは罪を償うために「世界を再生させる分子」をまきました。

ソウルの種: ゼノブレイド2 考察3 トリニティ・プロセッサとクラウスの計画

この顔つきとの最終戦では反モナド場(アポクリファ)発生室の直上、機神界中枢がその舞台となる。 機械いじりが好きだが、毛虫と野菜は嫌い。 タルコを邪険に扱っていたように見えたが、後の侍女の話では、母として娘のことを深く想っていたことが明らかになる。

内部はいたる所に置かれた花粉玉ランプの光のおかげで、昼夜を問わず明るい。 各フロアには思念体となったかつてのフェイスやテレシアがいる。

ゼノブレイド1のストーリー考察(ネタバレ注意)前作とゼノブレイド2との共通点はあるの?

しかし、モナドの強大な力はダンバンの身体をも蝕んでおり、心身をひどく消耗した彼は長きに渡る療養を余儀なくされた。

5
オダマ(Odama) 種族:ホムス 性別:男 年齢:60歳 身長:165cm 声: コロニー6の防衛隊長。 そして、ここから世界は聖杯大戦と呼ばれる500年前の戦いになります。

ソウルの種: ゼノブレイド2 考察3 トリニティ・プロセッサとクラウスの計画

4Fから5Fにかけて縦に設置された機神大隔壁を解放すると機神の外部の溝を進むことになる。

14
管理人のプレイ済み作品:ゼノブレイド2、Switch版ゼノブレイド(Wii版、New3DS版は未プレイで、プレイ順はゼノブレイド2が先) ゼノブレイド2クラウス初出シーンより。 相転移による実験で、人間が神に近づく研究を行っていたが、その探求心で新たな宇宙を作りだす実験を同僚(後のメイナス)の制止を振り切って強行、その結果として自らの世界を滅ぼす事となり、また同時に新たな世界を創り出してその世界の神となった(人間の頃の記憶はなく、同時に自身の正体も知らなかった)。

ゾハル(ゼノギアス)

半分くらいHPを削ると、戦っている最中にクラウスの様子が挟まれる。 ここは全天周型スクリーンとなっており、機神の目としても機能している。 機神メイナスを篤く奉じていたが、後に反目し機神の制御中枢を手中に収め、目覚めさせた。

物語終盤になるとザンザに仕える三聖の一人であると正体を明かす。 キノの姉で母親代わり。

ザンザ (ざんざ)とは【ピクシブ百科事典】

リキ袋なる器官に様々なものを詰め込み、炎や毒、氷塊などを口から吐いて戦う。 後に巨神が目覚めたことで案の定テレシア化してしまうが、サブクエストでシュルクらに討ち果たされメリアに葬られる。 「記憶空間 月」の先、「創造の意識」でザンザとの最終決戦となる。

4
野菜や果物も好む。 は試作段階の途中から参加した。

ゼノブレイド

消滅の間際、メイナスはシュルク達に「 神など必要としない世界を」と遺言を遺し、彼らに希望を託して消えてしまいます。

遺跡調査に来ている少数のノポンの他に定住する者は無いが、多数のモンスターが生息しており一部では派閥争いを繰り広げるモンスターたちもいる。