デルタ 航空 成田 撤退。 米デルタ航空、成田発着3路線から撤退

デルタ航空の成田からの撤退が止まらない 国際線も羽田への流れ

SPONSORED LINK 通過客が占める割合はかなり高い成田 2015年の統計では、成田の利用者数が3732万人ですが、通過客が502万人とかなりの数にのぼります。 … デルタ航空としても数多くのフライトがあった訳ですが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、減便や運休が相次いで実施されており、3月28日の最終日まで成田線の運航が残ったのは、成田~アトランタ・シアトル線の2路線だけでした。

18
デルタ航空が成田国際空港(成田空港)から減便を発表 今年の2月、「Money Plus」に書かせていただいた予想記事が現実の結果になりました。

成田撤退したんじゃ!? 米「デルタ航空」成田空港に再降臨 しかも中部から…なぜなのか

特にグアムは昨夏、北朝鮮のミサイル発射計画の標的となり、地政学上のリスクを考慮して旅先から避ける動きが出ているのだ。 一方、成田は都心へのアクセスには多少時間がかかりますが、格安航空会社(LCC)の乗り入れも多く、貨物の取扱量でも国内トップクラスです。 55%の株式を取得した。

もっとも、「グループ会社でカバー」という理由をつけてなんとか体裁を保っていますが、もしDLがこの成田縛りを無視すれば、他の航空会社も追随することは明らか。

デルタ航空の日本離れが止まらない

そして「羽田シフトは日本人客にとってメリットが多い」というのがデルタの主張だ。

9
NRTにはスカイチームメンバーも結構就航しているので、スカイチームラウンジとして生まれ変わったら面白いですね。

『さようなら~デルタスカイクラブ成田』成田(千葉県)の旅行記・ブログ by haraboさん【フォートラベル】

ユナイテッド航空は、グアム国際空港の異議申し立てがあるものの、運輸省による最終決定に同意するとして、ビジネス客など所要時間の長い旅行者を優先すべきとした。

17

デルタ航空の成田からの撤退が止まらない 国際線も羽田への流れ

かつてのノースウエスト航空の「ワールドクラブ」時代から 何度となく利用してきたラウンジ。

15
首都圏の「空の玄関は」羽田と成田 首都圏の「空の玄関」といえば、羽田空港と成田空港です。 さらに、デルタ航空の撤退が加速すれば、さらに成田の地位低下は避けられないかもしれません。

デルタ航空(DL)が成田空港(NRT)を去る日

も日系の会社と提携するため、破産時のや破産時のとの提携を狙いましたがどれも失敗してしまいました。 公式リリースはこちら(英語)。 成田空港のエアバスA330neo型機。

15
日系大手2社は早ければ11月中旬にも羽田の就航計画を発表する。 Serving Manila through Seoul will offer our customers superior connectivity via our industry-leading trans-Pacific hub in Seoul with our JV partner Korean Air. とKLMとの提携は長くアライアンスができる前から提携関係にあります。

デルタ航空、成田撤退 41年に幕、羽田へ7路線集約

このほか、ポートランドとデトロイト、ホノルルの米国路線と、以遠権を活用した第三国路線としてフィリピンのマニラにも運航していたが、新型コロナの影響により減便し、最終日が前倒しとなった。 Effective March 2020, the carrier will suspend its NRT-MNL service and launch new daily ICN-MNL service operated by Delta. そして、この辺りからデルタの「成田離れ」が始まります。 一方の成田はLCC専用の第3ターミナルを開設したり、午後11時から翌午前6時とされてきたカーフュー(離着陸制限時間)の緩和を進めたりなど力を蓄えてきました。

このうち、およそ半数にあたる24便を日米路線に配分した。

『さようなら~デルタスカイクラブ成田』成田(千葉県)の旅行記・ブログ by haraboさん【フォートラベル】

いまになって考えるとA滑走路が目の前で 一番眺めがいいラウンジだったことを実感しています。 さらに7月には上海線も廃止してデルタの成田便は週53往復と最盛期の4分の1にまで縮小してしまいました。

しかし、その地位が揺らいでいます。

結局、成田は空港は衰退するばかり‼ あれだけの騒ぎを起こして造った空港を高付加価値を付けて甦らす事は可能ですか⁉ デルタ航空、成田撤退 日米路線は羽田に集約 米航空大手デルタ航空は9日、成田空港発|風見鶏|note

このことで羽田と成田が利用客を取り合う構図ができてしまったのです。

2011年のデルタの成田路線は週196便(1日平均28便)が運航され、外国の航空会社としては最多、全体でもJALとANAに次ぐ3番目の便数を誇りました。