便秘 小説。 排泄男子。by桜音

エッチ体験告白「痛かった。でも癖になりそう」

おそらく四つん這いにされたとき背中に浮き出た競泳用の水着のクロスの日焼け後とお尻の白さをみて想像されたのでしょう。 いつもと変わらない笑顔の挨拶に僕は困った。

17
……まぁページ都合のために削った部分って、バレちゃうんですよね。 ずっと私のそばにいてね」 「当たり前だ。

便秘でお尻から腸内洗浄。最悪の恥ずかしい結末に!【元アイドル22kgヤセへの道】

そう思ったのに、彼女は席を立たなかった。 まだ意識がはっきりしていないからだろうか。

19
僕はドアから耳を離し、そこから移動して、絶頂を迎えた。

【小説】 便意、お察しします|坂 るいす|note

ごめんね。

シュウくんが奥に入っていくよ…」 「リムの中…すごくきつくて…気持ちいい…」 奥に入れば入るほど、強く締め付けられる。 が、なんと浣腸の蓋を取っていなかったことが判明!(慌ててました、、汗) その後、めでたく貫通いたしました。

小学三年生の頃の大泣き浣腸

僕はさり気なく、便意をもよおしている人を察知している。 「どうしよう?、また診てもらおうかしら?」 と思いがよぎりましたが、またどうしようもないぐらい身体のなかがあつくなり、通りすぎました。

15
私はUターンしました。

排泄男子。by桜音

それなのに、勝手に肛門はぱっくりと口を開いて、カチカチの大便をニチッ、ニチッと押し出し始めた。

13
しかし。

便秘でお尻から腸内洗浄。最悪の恥ずかしい結末に!【元アイドル22kgヤセへの道】

看護婦さんにポロシャツと下着をまくり上げられ、胸と背中を入念に調べられました。 「痛かったら、言って下さいね」 肛門がさらに押し広げられるのが感じられました。 朝のトイレは大事な時間なので、早く変わってと急かすこともなく具合を心配する彩花ちゃん、意外だなと思いつつも滲む優しさが良き。

15
お医者さんは優しかったので、よかったです。

便秘な彼女

僕は楕円の部分を指で押し潰した。 恥ずかしさがじゅっと染みていて、とてもいい。

10
私の彼女は身長150cmないくらいのミクロサイズで、かわいい系美人なんですが、 よく浣腸プレイをします。