虚心 坦 懐 意味。 四字熟語「虚心坦懐(きょしんたんかい)」の意味と使い方:例文付き

虚心坦懐の正しい意味や対義語を使用例とともに紹介

(彼は虚心坦懐な気持ちで私に話しかけた。

4
読み方 虚心坦懐 きょしんたんかい 意味 心になんのわだかまりもなく、気持ちがさっぱりしていること 由来 「虚心」と「坦懐」という2つの熟語の組み合わせ 類義語 虚心平意、虚心平気、明鏡止水など 対義語 意馬心猿、玩物喪志、疑心暗鬼など 英語訳 open minded 偏見がない、公平な など 目まぐるしい現代の生活で、常に虚心坦懐を実践することは難しいかもしれません。

虚心坦懐の意味とは?由来や対義語を紹介!使い方も例文で解説!

その機会に素直な気持ちで上司に話せば、今後の成長に繋がる可能性があるのです。 光風霽月 こうふうせいげつ :心がさっぱりと澄み切ってわだかまりがなく、爽やかな様子• 虚心坦懐の心を忘れないようにしましょう! 人や物事に対して偏見や嫌味を持たずに接することで、良い関係性を持てたり今まで見えてこなかったものが見えてきます。 虚心坦懐の由来 語源 虚心坦懐は、昔の中国の物語が由来の故事成語や日本の古典が語源ではありません。

13
漢字って、すごいですね。 この問題について、皆で虚心坦懐に話し合うことが必要だ。

【虚心坦懐(きょしんたんかい)】の意味と由来、使い方を実例で解説!│「四字熟語のススメ」では読み方・意味・由来・使い方に会話例を含めて徹底解説。

「心が安らかな状態」を表し、平静な状態を意味します。 自分を見つめる大切さを説いたこの言葉は禅に由来しています。 その他にも• 「わだかまり」とは人間関係がもつれてできる心のしこりのことです。

16
相手に対してオープンに接することで良い関係を築けたことを表している文です。

「虚心坦懐」とは?意味や使い方を解説

そのものごとに対する不信感や不満感がなく、素直な気持ちでいることを表しているのです。

虚心坦懐の意味 「虚心坦懐」とは、心に何の先入観も持たずフラットな気持ちを意味します。

虚心坦懐の意味とは?由来や使い方、例文・類語を解説

(彼とは虚心坦懐に話さなければならない。 本来の言葉の意味としては、「 虚」は「 すなおさ・謙虚さ」を表します。

11
単に疑問に思うだけではなく、相手の行為によって自分が不利になるのではないか?と相手を疑う気持ちのことを表します。 「虚心坦懐」とは「心にわだかまりがなく落ち着いているようす」という意味になります。

「虚心坦懐」の意味と使い方、類語「明鏡止水」との違い、対義語を例文つきで解説

合わせて、大きなおか、それが転じて、むなしいという意味を表しているということです。 虚心坦懐の難易度 「虚心坦懐」は漢字検定一級レベルの難しい四字熟語です。

16
「虚心坦懐」と「明鏡止水」は完全に同義です。 漢字では「蟠り」と書き、蛇がとぐろを巻くように曲がりくねってねじれた心を表します。

虚心坦懐の使い方とは?由来や英語と素直に向き合う事を意味する類語も

「坦懐」とは「心が広くわだかまりがないこと」「物事にこだわらないこと」という意味です。 将来に思い悩んでいる人は、一度フラットな気持ちになって取り組んでみましょう。

1
また、相手が自分に対して迷惑をかけた時や酷いことをしてきた時、また心配をかけるようなことをしてきた時にも使います。