うそ 寒 季語。 寒とは

寒夕焼

紬の日• 君我に未完の詩あり夏始まる 橋本榮治 寒昴死後に詩名を顕すも 上田五千石 麦酒のむ椅子軋らせて詩の仲間 林田紀音夫 詩の新人生む青蔦の女子大学 茨木和生 霜の華ひと息の詩は胸あつし 馬場移公子 これらの句、俳句とは言ってませんが俳句は詩歌です。

16
向こうは海の貝。 今まだ微笑くらいでしょうか。

拙句 寒 寒ン 寒し (寒という一漢字の働きの妙味も併せご覧下さい) : 575筆まか勢

2日(金) 出がらしのお茶で一服春の雨 ここのところ毎回のように傘を買っています。 なんだかかわいい響きです。 すごいすごいと使っていますが、やはり若干の誤差があります。

13
そのため裏白とも呼ばれます。

今日の俳句 2012年3月

公現祭(キリスト教)• 帰宅途中の公園に、わずかな積雪を見つけました。 ひょうご安全の日• 5日ずつの12に配分し、そのおのおのの期間が、後の各月の天候に対応するものとして天候が占われてきた。 もしくは打ちのめす。

13
きょうもありがとうございます。 大小さまざまの楽しげな足跡がたくさん付いていました。

雨の季語

で、古名が、つくづくし。 都バスの日• あきれるほど、すごい力なんですね~。

14
ひと息の詩です。 乾燥するとちりちりと丸まるので、「ちりめんじゃこ」というそうです。

拙句 寒 寒ン 寒し (寒という一漢字の働きの妙味も併せご覧下さい) : 575筆まか勢

初虚空蔵(はつこくうぞう) 1月14日• 女流のつらいところ。 直接俳句とは関係のない本との紐付けが上手くて、 つい衝動買いさせられちゃいました。

一般的には14日の夕方から16日までとされていますが、土地によって多少の違いがあるようです。 雨の季語 季 節 言 葉 よ み 備 考 春 雨鷽 あまうそ ウソドリの雌。

今日の俳句 2012年3月

寒の入り、寒の内、小寒、大寒、寒雨、寒固 かんがため 、寒の水、寒雷、寒見舞、寒紅、寒詣 かんもうで 、寒念仏、寒餅 かんもち 、寒造 かんづくり 、寒垢離 かんごり 、寒卵 かんたまご 、寒稽古 かんげいこ など。 そういうもの。

13
糸引納豆の日• 梵天祭(秋田)• どちらであるかは・・・・ だるまさん、だるまんがころんだ、と。 よりによって、一番大降りのときに、電車の中に傘を忘れたよ。

― 俳 句 を 詠 む ―

少し読み返して、今読んでもすごく面白いんだろうなぁと思いながら、 なんとなく読まない。 乾燥した土や砂塵を巻き上げて、目を開けていられないくらいでした。 9日(金) 亀の鳴く見て見ぬふりを続けおり 風邪を引きました。

16
11日(水) 悴みて夕日の中に落ちにけり 最新のダウンは、軽くって薄くて暖かい。