コロナ ウイルス 生物 兵器。 中国、6年前からコロナウイルスなど生物武器で第3次世界大戦の準備か=米国務省の文書が暴露(WoW!Korea)

流出したファウチ博士宛メール: コロナウイルス生物兵器の製造方法

を公開前に掲載するサイトに、1月下旬、ニューデリーの「Indian Institute of Technology」の研究者が発表したものだという。

14
この点からみると、新型コロナウイルスは生物兵器としては極めて不適なものと言わざるを得ません。 引用元 AP通信とシカゴ大学が実施した当時の共同調査によると、米国の1056人を対象として調べたところ、ワクチンを接種する意向を示したのは49%にとどまっている。

【速報】閻麗夢氏の二番目の研究報告書発表「新型コロナウイルスは超限生物兵器」

冒頭に示しました「ハーバード大学の教授が、ウイルスの密輸で起訴された」というのは、1月28日にアメリカ司法省の広報室ウェブサイトで公表されていたものを報じたものです。 だから専門家は批判したのだった。

14
ウィルスが突然変異する可能性があり国境を越えると、予期せぬ結果と意図しない結果が生じる恐れがある。 菅生医師が言うように今回の新型コロナウィルスも「事故によって漏れた」可能性は十分あるだろう。

中国、6年前からコロナウイルスなど生物武器で第3次世界大戦の準備か=米国務省の文書が暴露(WoW!Korea)

さらに、では、カナダの国立微生物学研究所からも、中国のエージェントがウイルスを持ち出し、中国の以下の4つのバイオ研究施設に運んだと報じられています。 閻博士は、いわゆる「ピア・レビュー」の2つの文章は、いずれも証拠に基づく論理を重視する科学精神に合致するものではなく、多くのメディアに引用され、「ウイルスを実験室から来た」という観点を陰謀論のレッテルに貼り付けし、ウイルスの起源を探る努力をさらに抑制したと強調した。

18
早くと初期対応の悪さを理由に損害賠償請求を行うべきです。 その大きな理由とされるのは、危険度が高い病原体を扱うことができるBLS-4(バイオセーフティーレベル4)」の研究施設が武漢に存在しているから、というものです。

「新型コロナウイルスは超限生物兵器」 亡命中のウイルス学者・閻麗夢氏、新たな研究論文で中国共産党の関与を指摘

直下の組織でかなり前から、毒物兵器、を開発していたのは周知の事実。

9
mRNAワクチンを注射された人々は、体を生物兵器工場に変え、口や皮膚(精液)を通して流したスパイクタンパク質粒子をかき回し、周囲の全員に感染させている。 これらのワクチンは、個人に接種することなく、劇的に増加させる可能性がある。

「新型コロナウイルスは超限生物兵器」 亡命中のウイルス学者・閻麗夢氏、新たな研究論文で中国共産党の関与を指摘

しかし、米中対立が激しさを増すなかで、再び、中国の生物兵器説が注目される事態も考えられる。 ファイザー自身の文書は、この現象がワクチン開発者によってよく知られていることを明らかにしている。 次は、パンデミックに至らせることができるかどうかが問題となります。

17
また、今年3月、が新型コロナウイルスがキラーナノロボット(killer nanorobot)の特徴を持っているとコメントした。

米議会で新型コロナの秘密を暴露した中国人ウイルス研究者は誰か!?

言い換えれば「ウイルス兵器を量産する中国工場」です。 治療薬は、植物、動物組織、鉱物などを水で100倍薄めて振る作業を、10数回から30回程度繰り返して作った水を、砂糖玉に浸み込ませたもの。

1
これらの虐待を非難するのに、公的権力と保健機関は、何を待っているのでしょうか(訳注:「ぐずぐずしてないで、さっさと公的機関が非難しろ」と婉曲的に言っている)」。

次々と積み上がる中国の新型ウイルスが「生物兵器」である証拠。そして、武漢のバイオ研究所で研究されていた可能性のある「あらゆる人が免疫を持たない悪夢のコロナウイルス」

今までは、どんなに可能性が高くても、『疑念』でしたが、とうとう認めましたね。

3
そして、この事実に加えて、中国共産党政府の隠蔽体質と研究者を含めた中国人全体の衛生意識が低いというイメージから、新型コロナが生物兵器なのではないか、それが管理体制の不備で漏れ出してしまったのではないか、という疑念が沸き起こったのではないかと思います。 同メールはファーラー氏にもccで送られていたという。

【重要】「新型コロナウイルス=人工生物兵器」ファウチらトップ科学者と主要研究所のメールが流出! 衝撃の論文も添付され…!

欧州には、各メディアで事実のチェック部門を設けているだけではなく、メディアで横断的に偽ニュース(フェイク・ニュース)に取り組む枠組みがあるのに。 周氏の主な研究分野は、エボラ、SARS、コロナウイルスなど、この世で最も病原性の高いタイプのウイルスをコウモリに感染させる方法とそのメカニズムを研究することだ。

6
また、2020年12月20日、ギャロ氏による閻博士に対する評論記事が掲載されてから3カ月後に、中共政権はギャロ氏に中国のトップレベルの「VCANBIO賞(バイオサイエンス・医学部門)」を授与した。

新型コロナウイルスの生物兵器由来説再燃 米共和党は情報開示要求(NEWSポストセブン)

日本の主要メディアが報道しないとは、習近平指導部からの圧力か、中国関連のスポンサー、広告主を忖度しているのではないか?と推測しました。 論文のタイトルは「SARS-CoV-2は超限生物兵器である:大規模で組織化された科学的な不正を明らかになった真実」であり、中国共産党の関与を指摘した。

17
ラスカー医学賞(アメリカ財団)、シェーレ賞(スウェーデン)、ガードナー賞(カナダ)、ファイサル王医学賞(サウジアラビア)、ハイネケン医学賞(オランダ王立アカデミー)、 アストゥリアス皇太子医学賞(スペイン)・・・書いているとキリがない。 ノーベル賞を受賞する前から、世界各国の錚々たる団体から、賞が雨あられと授与された。